コメドタイプ

コメドタイプのにきびとは?

(症例1:頬)コメドタイプの白にきび

にきびの第1段階で、炎症をおこして赤くなる前の状態をいいます。

重症度でいうと“軽症のにきび”にあたります。

『コメド(comedo)』とは、日本語では“面皰(めんぽう)”といい、毛穴がつまって中に角質、皮脂、細菌などがつまっている状態です。毛穴がもりあがったようなブツブツのことです。


(症例1:頬)コメドタイプの白にきび

肌のブツブツ、白にきび、黒にきび

(症例2:額)コメドタイプの白にきび

コメドタイプのにきびには、皮膚を触った感触がわずかにブツブツする程度のもの(微小面皰)や、ブツブツが白っぽくみえる白色面皰(閉鎖面皰)、毛穴に黒く栓がつまったように見える黒色面皰(開放面皰)があります。


(症例2:額)コメドタイプの白にきび

コメドタイプのにきびはなぜできる?

(図1)正常な皮脂の状態

(図1)正常な皮脂の状態 →

1、皮脂の分泌が多くなるとできる

皮膚にはあぶら(皮脂)を作る脂腺という毛穴にくっついた器官があり、特に顔面、胸、背中に多く存在します。にきびは脂腺が豊富な“脂腺性毛包”という毛穴にできますので、顔、胸、背中がにきびの好発部位というわけです。脂腺で作られた皮脂は毛穴を通って皮膚の表面に出ますが、皮脂が過剰に作られ過ぎると毛穴からの排出が追いつかなくなり、毛穴に皮脂が貯まってにきびができます。毛穴に住むアクネ菌はこの皮脂を栄養源として繁殖し、にきびの発症に密接にかかわります。


2、毛穴が閉塞するとできる

『毛包漏斗部(もうほうろうとぶ)の角化異常』

毛根(もうこん)を包んでいる皮膚のくぼみを“毛包”といいます。(つまり毛穴のこと。)皮脂を合成する脂腺はこの毛包に開口しているので、皮脂は毛穴から皮膚の表面に分泌されます。脂腺の開口部から毛穴の出口までの通路を毛包漏斗といい、この部分の角質が異常に増殖すると毛穴が閉塞して皮脂が貯まりコメドが形成されます。この角化異常にはアクネ菌が関与しています。アクネ菌が産生する細菌性リパーゼという酵素が皮脂中の中性脂肪を分解し、その分解産物である遊離脂肪酸が毛包漏斗部の角質細胞を刺激して角化異常が起こるといわれています。


3、男性ホルモン(アンドロゲン)の増加でできる

男性ホルモンは、脂腺の発育を促し皮脂分泌を増加させるため、にきびの発症に強くかかわっています。男性ホルモンの分泌量は、男女ともに新生児期と20歳代に大きなピークがあり、女性ではさらに30歳代にも小さなピークがあります。ですから、思春期には男性ホルモンの分泌増加により、脂腺が大きく発達し、皮脂分泌量も増加してにきびができます。

(図2)皮脂の分泌量が多くなり毛穴が閉塞するとにきびができる

(図2)皮脂の分泌量が多くなり毛穴が閉塞するとにきびができる →


MEMO 女性のにきびも男性ホルモンが原因!?

男性の精巣で作られるテストステロンという男性ホルモンが最も強力に作用しますが、男性だけでなく女性の場合も副腎で作られるデヒドロエピアンドロステロン(DHEA)やその硫酸飽和型のDHEA-Sという男性ホルモンが脂腺の発育を促します。

また、脂腺にはDHEAや卵巣から分泌されるホルモンを強力なテストステロンに変換する働きがあるので、女性といえども男性ホルモンの影響は決してあなどれないのです。

また、女性の場合、生理前に男性ホルモン作用のある黄体ホルモン(プロゲステロン)の分泌が増加し、抗男性ホルモン作用のある女性ホルモン(エストロゲン)が減少するので、生理前ににきびが悪化することがあります。


4、皮膚のバリア機能が障害されるとできる

脱脂作用の強い石鹸で何度も洗顔したり、シールを貼ってはがすなどの行為は、皮膚の表面のあぶら(皮脂)だけでなく細胞間の脂質まで奪ってしまうため、皮膚のバリアを破壊してしまいます。

皮膚の表面にある角層(角質細胞の層)は、水分の喪失を防いだり細菌などの侵入を防いだりして、バリアとして働いています。

このバリア機能の担い手はセラミドなどの角層の脂(細胞間脂質)です。

このセラミドが減少するとバリア機能が障害され、傷ついた角質細胞は修復のために増殖します。この反応が毛穴でも起こり、毛穴の角質が異常に増殖して毛穴が閉塞し、コメドが形成されます。

(症例3:男性頬)コメドタイプの黒にきび

(症例3:男性頬)コメドタイプの黒にきび →

MEMO 洗顔のし過ぎはにきびを悪化させる!

皮脂や汚れが貯まるとにきびの原因になることを怖れて、脱脂作用の強力なにきび用石鹸などで何度も洗顔する方がいますが、このような頻回な洗顔や布で擦るなどの行為は、角層の細胞間脂質を取り除いてしまい、バリア機能を障害してにきびを悪化させる原因となります。

皮膚のバリアは“角層間ラメラ構造”といって、セラミドなどの細胞間脂質で構成されています。

セラミドが減少してこのバリア機能が低下すると角層がダメージを受け、角質細胞は修復のためにIL-1α(インターロイキン1アルファ)という生理活性物質を放出して増殖します。

この反応が毛穴の角化異常につながり毛穴が閉塞してコメドが形成されます。

さらに、このIL-1αには炎症を惹起する作用があるため、コメドから赤にきびへと、より症状が進んでいきます。



コメドタイプのにきび治療戦略

(図3)コメドの形成機序

コメドタイプのにきびができないようにするには、コメドを作らないようなスキンケアや生活習慣が重要です。いかにして余分な皮脂を抑え、毛穴の閉塞を予防するかがポイントです。


(図3)コメドの形成機序 →

1、スキンケア 

1)洗顔

・余分な皮脂や汚れをしっかり落とす。メイクをしっかり落とす。

・低刺激の石鹸でよく泡立てて泡で洗う。強く擦らない。にきびをつぶさない。


余分な皮脂や汚れをしっかり落とすことが大切。皮脂だけでなく空気中の汚れが皮膚に付着したものも毛穴をつめる原因となります。

女性の場合、メイクをしっかり落とす。オイルクレンジングには賛否がありますが、ゴシゴシ拭くのはにきびの悪化につながるので、メイクを確実に落とすためにオイルクレンジングを使用し、その後石鹸で洗うことをおすすめします。

石鹸は低刺激のものが良いでしょう。洗い方は、にきびをつぶさないように、よく泡立てて強く擦らずに時間をかけて泡で洗うようにしましょう。


2)保湿

・洗顔後、特に就寝前には保湿する。
・基礎化粧品は低刺激性でノンコメドジェニックのものが基本。


洗顔によって角質の細胞間脂質が奪われバリア機能が低下した状態を放置すると、かえってコメド形成の原因となります。

アミノ酸やヒアルロン酸などの水溶性保湿成分を主成分とする保湿剤が良いでしょう。基礎化粧品は、低刺激性でオイルフリーのものが良いといわれています。

化粧水の使用は特に問題ありませんが、化粧水のようでありながら油性成分を含んだ化粧品には要注意。にきび用化粧品の条件は、刺激がない、面皰を誘発しない(ノンコメドジェニック)、アクネ菌の栄養源となる油脂を含まない、などがあげられます。



MEMO にきび用化粧品

最近は、にきびの予防や改善の効果があるにきび用化粧品も市販されています。たとえば、ケミカルピーリングでも使用されているグリコール酸(フルーツ酸)を配合し保湿効果や毛穴の角質を除去しやすくする効果を期待したものや、ビタミンCを高濃度配合し抗酸化作用を期待したものなどです。

実際、脂溶性ビタミンC誘導体を10%以上の濃度で配合したある製品を用いてにきびの改善効果を試験したところ、抗酸化作用とメラニン生成抑制作用によって、にきびの減少とにきび跡の色素沈着を抑える効果があったという報告もあります。


2、食事 

・ビタミン、ミネラル、食物繊維をバランスよく摂取する。
・一度に糖分や脂肪分の多い高カロリーの食事をとらない。

にきび治療にとっても、やっぱり食事の基本は、ビタミン、ミネラル、食物繊維の豊富な緑黄色野菜や豆類などをバランスよく食べること。

そして一度に高カロリーの食事をとらないこと、つまり、皮脂の分泌を増加させるような食べ方をしないことです。

皮脂の成分は、ワックスエステル、中性脂肪、スクアレンなどで、これらのうち中性脂肪は血液中の糖分を利用して合成されるため、糖分や脂肪分の多い高カロリー食は、皮脂分泌を増加させ、にきびを悪化させると考えられます。

逆に、皮膚の細胞を正常化するビタミンAや、糖質・脂質・たんぱく質の代謝やエネルギー代謝にかかわるビタミンB群、抗酸化作用を有するビタミンCとビタミンEなどは、にきびの予防になると考えられますので十分に摂るよう心がけてください。

また、ミネラルでは、亜鉛がにきびを改善するという報告があります。食物繊維は便秘を防ぎ、有害物質や脂肪の過剰な吸収を防ぎます。


MEMO チョコレートはにきびの原因?

世間ではよく「チョコレートを食べるとにきびができる」といわれ、医師からも「チョコレートはひかえるように」などと注意されることがあるかと思います。

しかし、チョコレートとにきびの関係を調べた医学論文が過去にいくつかありますが、いずれも「チョコレートを食べてもにきびは悪化しなかった」という結論になっています。「チョコレートそのものがにきびを悪化させる」という根拠はないようです。

ただし、食べすぎてはダメ。チョコレートに限らず洋菓子などの糖分や脂肪分の多い食べ物は、ついつい食べてしまって一気に高カロリーを摂取してしまいます。また、たくさん食べなくても、食事の直後に“別腹”などといってつい食べてしまうチョコレートは確かににきびの原因かもしれません。


3、睡眠 

・夜更かしをしない。

睡眠不足そのものがにきびを悪化させたという実際の医学的データはないようですが、男性ホルモンの分泌が増加して皮脂分泌を増加させたり、イライラして顔面をボリボリ掻いたりすること(掻破行動)によって、間接的ににきびの悪化の原因になっている可能性はあります。

血中の男性ホルモン(フリーテストステロン)の値には日内変動があります。早朝をピークに午前中が高く、夕方から低下して、夜間は有意に低下します。

これは、睡眠中は自律神経のうちリラックス状態をつかさどる副交感神経が優位になっていることとも関係があります。そして夜間睡眠中は皮脂分泌も減っているのです。

しかし、夜更かしをして起きていると、自律神経のうち緊張をつかさどる交感神経が優位なままとなり、男性ホルモンの分泌が続いて皮脂分泌も減らないため皮脂が過剰な状態になりにきびの原因となります。


4、ストレス解消 

・夜は自分が一番リラックスできることをする。
・夕食は仕事のことを忘れてゆったりと。
・たまにはゆっくり寝る。

過度の緊張・疲労・不眠などが続くと自律神経が変調をきたし、緊張をつかさどる交感神経とリラックス状態をつかさどる副交感神経のバランスが崩れてしまいます。

その結果、視床下部から副腎皮質刺激ホルモン放出ホルモンが分泌され、続いて下垂体から副腎皮質刺激ホルモンが多量に分泌されて、副腎皮質から副腎皮質ホルモンが分泌されます。

同時に、この副腎皮質ホルモンの副産物である男性ホルモン(アンドロゲン)の分泌も高まり、皮脂分泌が活発になってにきびができます。


MEMO ストレスと自立神経失調

自律神経は心臓や胃腸など動かそうと意識しなくとも動いている部分をすべて支配しています。

自律神経には交感神経と副交感神経の2種類があります。交感神経は働く神経。副交感神経は休む神経。交感神経は「労働・闘争・運動・興奮・緊張感・恐怖感・危機感」等の時に働きます。

そして、ストレスに対処する役割があります。戦うために体を準備する役割です。生物の最大のストレスは「生存の危機」です。現代における仕事や人間関係のストレスに対しても人間は同じように反応します。

「ストレス=生存の危機」です。ですからストレスを感じると無条件で交感神経が働きます。生存の危機の時に、リラックスなどできません。そのため交感神経の方が副交感神経よりも優先して働くようになっています。

交感神経は朝少しずつ活発になり昼間がピークで夕方から夜にかけて段々と働かなくなってきます。


一方、副交感神経は「休む・眠る・くつろぐ・食事で内臓を働かせる・安心する」等リラックスの時に働いています。主な役割は体を修復することです。

副交感神経は太陽が沈むとともに少しずつ活発になり、すなわち夜になると心身はリラックスして修復に入ろうとします。そして眠っているときに働きがピークとなります。

昼間は食事の時に胃腸を動かすこと以外あまり働いていません。このように自律神経は、昼間は交感神経、夜は副交感神経と、ちょうどシーソーのような関係で働いています。

夜遅くまでストレスがかかりつづけると、このシーソーのバランスが狂って自律神経失調となり、にきびの原因にもなります。夜はリラックスしましょう。

クリニックのにきび治療

健康保険で受けられる治療

1、皮脂分泌を抑える治療

・ビタミンB2、B6製剤の内服

ビタミンB群は協力して糖質・脂質・たんぱく質の代謝にかかわっています。

特にB2、B6は皮脂分泌をコントロールする働きがあり、不足すると皮脂分泌が増えてにきびの原因になります。食事からの摂取不足だけでなく、糖質や脂質を一度に多くとるとビタミンB2、B6の消費量が増えて不足します。


2、毛穴の閉塞を防ぐ治療

・クンメルフェルド液(イオウカンフルローション(R)

硫黄とカンフルを含有するローション。1日2回毎日朝晩外用します。毛穴につまった角質を除去する効果があります。また、通常の抗菌剤が無効なにきびの治療にも用いられます。肌が乾燥しやすい方には不向きです。

硫黄には角質を軟化させる作用、皮脂を抑える作用に加え、殺菌殺虫作用があります。カンフルには軽度の炎症軽減効果と鎮痛作用があります。脱脂効果があるため、乾燥しやすい肌質の場合や薬剤をつけすぎた場合など、肌がカサカサすることがあります。

・過酸化ベンゾイル【ベピオ®ゲル2.5%(マルホ株式会社)、デュアック®配合ゲル(ポーラファルマ)】

1日1回毎日外用します。毛穴につまった角質を除去する効果やアクネ菌の殺菌効果があります。肌が乾燥しやすい方や紫外線の強い場所にいる機会の多い方は注意が必要です。

過酸化ベンゾイルによるにきび治療の主な作用機序は、角層剥離(ケミカルピーリング)作用による毛穴づまりの除去です。また、抗炎症作用や抗菌作用もあります。特に、抗菌作用は、抗生物質外用剤と異なり、細菌の薬剤耐性(薬に対する抵抗力ができて薬が効きにくくなること)を作りにくいとされています。よって、これまでの抗生物質外用剤が効かなくなったにきびにも効果が期待できます。副作用として、人によっては肌がカサカサしたり粉がふいたりヒリヒリしたりすることがあります。また、長時間日光を浴びると皮膚が赤くなることがあります。


3、皮脂と毛穴の両方の治療

・アダパレン(ナフトイン酸誘導体):ディフェリン® ゲル0.1%(ガルデルマ株式会社/塩野義製薬株式会社)

アダパレンにはレチノイド様作用があり、毛包の角化を制御して面皰形成を抑制し、炎症性にきびへの進行を防ぎます。トレチノイン(自費治療の欄参照)のような皮膚への刺激作用はほとんどありません。

日本でも平成20年10月より健康保険での使用が可能となり、諸外国に遅れをとっていた日本のにきび治療にも進展がみられるものと期待されています。

自費で受けられる治療

健康保険の適応が認められている治療法は、にきびに対する治療効果と安全性が認められてはいるものの、にきびの原因や各段階において、それが最善の治療法というわけではありません。

むしろ医師の立場からすると、「保険ではこれしかないから仕方なしに使っている」という場合も少なくありません。ここでは、医学的に効果が認められている代表的な治療について紹介します。



1、ケミカルピーリング

ケミカルピーリングは、強酸性や強アルカリ性の薬品を塗って皮膚を化学的に浸食し、薄く剥ぎとる治療法です。と、聞くと何ので、実際に目に見えるほどに皮がむけるわけではありません。

酸によって角層に一時的なダメージを与えることで、創傷治癒を惹起してヒアルロン酸やコラーゲンの産生を促し、皮膚を再生させます。にきびの治療には、グリコール酸という、乳酸、リンゴ酸、クエン酸などと同じα-ヒドロキシ酸(AHAまたはフルーツ酸)がよく使用されます。

しかし、一般に行われているピーリングは皮膚のごく浅い部分にしか作用しません。



グリコール酸ピーリング

グリコール酸には、次のような作用があり、にきび治療に有効です。

1)毛穴につまった角質を融解する・・・コメドに効く
2)皮脂の貯留を防ぎアクネ菌を減少させる・・・赤にきび(炎症性にきび)の予防
3)自然な排膿を促す・・・赤にきびの治癒促進
4)ヒアルロン酸の産生を促す・・・保湿効果が上がり、にきびを予防
5)真皮コラーゲンの産生を促す・・・“にきび跡”を防ぐ

にきびの最初の段階である毛穴の閉塞を解除できるので、コメドタイプのにきび治療にはもっとも理にかなった治療法といえます。

また、上記のように、赤にきびの予防や治療、肌の保湿力の向上、ざそう瘢痕になりにくくする、などの効果も期待でき、にきび全般に対して有効な治療と考えられます。



2、外用剤による治療

1)トレチノイン(レチノイド:ビタミンAの誘導体)

トレチノインを始めとするレチノイド(ビタミンAの誘導体の総称)は、日本では健康保険の適応になっていないためにきびの治療薬として一般化されていませんが、米国FDA(食品医薬品局)では、しわ、にきびの治療医薬品として認可されています。

日本では、病院やクリニックによっては、院内で調剤したトレチノイン外用剤などを、自費診療で使用しているところがあります。トレチノインは、皮脂腺を萎縮させ皮脂分泌を低下させるとともに、毛穴につまった角質をはがれやすくすることによって、コメドタイプのにきびを治し赤にきびへの進行を防ぎます。

また、下記のような作用があり、にきび跡を残しにくくする効果もあります。非常に有効なにきび治療薬として、欧米ではにきび治療の第一選択薬となっていますが、発赤など皮膚への刺激性があり日本での認可には至っていません。


トレチノインの皮膚への作用

◆ 古い角質をはがれやすくして、皮膚の新陳代謝をよくする
◆ 表皮細胞の分裂を促進して皮膚の再生能力を高め、傷を早くきれいに治す
◆ 皮脂腺の働きを抑える
◆ 真皮のコラーゲンやエラスチンの生成を促し、肌にハリをもたせる
◆ ヒアルロン酸の分泌促進により、肌にうるおいをもたせる

大人にきび
背中のにきび治療